広報資料

ホーム > はじめに > 研究科長あいさつ

はじめに

研究科長あいさつ

工学研究科・工学部へようこそ

工学研究科長・工学部長 冨山明男

神戸大学工学部は「学務と実務の両立とこれを支える自主的研究の尊重」を掲げて1921年に旧制神戸高等工業学校として産声をあげ、当初は建築科、電気科、機械科の3学科から出発しました。

1949年には土木工学科、工業化学科を加え、現在では、建築学科市民工学科電気電子工学科機械工学科応用化学科情報知能工学科の6学科で構成されています。
その間、多数の有能な人材を輩出し、今や3万名にものぼる卒業生の多くが、技術者や研究者、経営者として民間企業や国、地方公共団体で、あるいは海外で幅広く活躍しています。
その伝統と同窓生の方々の努力により、卒業生、修了生の就職状況は、現在まで良好さを保ち続けています。

工学は科学と人間の生活とを橋渡しする学問ですが、その教育・研究を通じて、本学部・研究科が育成を目指す人材像は、大別して
(1) 幅広く高度な専門知識を持ち、社会に貢献する技術者
(2) 研究・開発のマネージャーとして活躍できるゼネラリスト
(3) 大学院へ進学し、研究者や高度専門職の道を究める人材
です。

このため、本学部では最先端の教育と優れた研究設備の充実に努めており、教育の質、研究設備ともに世界水準を維持しています。
学生は工学の基礎から応用へと系統的に設けられたカリキュラムにより工学の基礎学力を習得し、さらに卒業研究において最先端研究に従事し問題解決力、創造力、コミュニケーション能力、表現力を体得しています。
卒業生の高い実力は社会から常に高い評価を得ています。


また、社会に開かれた学部として、工学に関心を持つ編入生、社会人、留学生を幅広く受け入れています。
多種多様な学生のニーズに適合した教育プログラムの提供やグローバル化を今後も積極的に推進します。
大学院においては、2007年度より自然科学研究科から新たに工学研究科が誕生しました。本研究科では、防災・減災、膜工学、革新的生産・製造、界面科学、バイオ生産、エネルギーハーベスト、革新的デバイス・材料、医療工学などの先端的研究成果の社会実装を推進し、持続的発展に不可欠な科学技術イノベーションに継続的に寄与しています。大学院生の優れた研究成果は学会で高く評価されると同時に実社会でも活用されています。

今後も、大学の使命である高等教育・先端的研究を学生の皆さんと教員、職員一体となり発展させたいと思います。
より多くの若者が本学で学び、豊かな教養と高い倫理観を持つ技術者・研究者として世界に誇れる人材に育つことを心から願っております。豊かな自然に囲まれた神戸大学工学部キャンパスで皆さんと共に過ごせることを楽しみにしています。

※ 各学科名から各学科のホームページへ移動することができますので,各学科の教育研究内容も是非ご覧ください

はじめに

TOP