広報資料

ホーム > はじめに > 研究科長あいさつ

はじめに

研究科長あいさつ

工学研究科・工学部へようこそ

工学研究科長・工学部長 大村直人

神戸大学工学部は「学務と実務の両立とこれを支える自主的研究の尊重」を掲げて、1921年に建築科、電気科、機械科の3学科から構成される旧制神戸高等工業学校として設立されました。 現在では、 建築学科市民工学科電気電子工学科機械工学科応用化学科情報知能工学科 の6学科で構成され、2021年には工学部設立100周年を迎えます。 その間、3万余名にのぼる卒業生の多くが、技術者、経営者、研究者として民間、国、地方公共団体で、また国内外で広く活躍しています。 神戸大学工学部では設立以来の伝統である、自由闊達な気風を保ち、学生諸君はのびのびと勉学、研究に励んでいます。

現代社会は、持続可能な世界を実現するために、地球温暖化や環境・エネルギー問題など地球規模の課題に取り組むことが必要となっており、 これらの課題解決において、工学の果たす役割はますます重要になっています。現在では、工学の対象は従来の“もの”中心から、“人間”を中心とした「こと」づくりへと広がり、 さらに対象とする問題も、原子・分子レベルのミクロスケールから地球規模の大規模なマクロスケールまで、マルチスケールでそれらが相互作用する複雑なものになってきました。 このような時代の要請を踏まえ、神戸大学大学院工学研究科・工学部では、最先端の教育と優れた研究設備の充実に努めており、教育の質、研究設備ともに世界水準を維持しています。

学部では、学生は工学の基礎から応用へと系統的に設けられたカリキュラムにより工学の基礎学力を習得し、 さらに卒業研究において最先端研究に従事し問題解決力、 創造力、コミュニケーション能力、表現力を体得しています。 卒業生の高い実力は社会から常に高い評価を得ています。 また、社会に開かれた学部として、工学に関心を持つ編入生、 社会人、留学生を幅広く受け入れています。

大学院において、学生の専門知識の深化のみならず、俯瞰的なものの見方を醸成するために、工学研究科内に設置した7つの附属センターを核とした分野融合的な教育・研究プログラムを実践しています。 これらの付属センターでは、防災・減災、革新的材料・デバイス、界面科学、熱流体工学、環境・エネルギー、医療工学分野での社会実装を目指した最先端研究を行なっており、 大学院生の優れた研究成果は学会等で高く評価されるとともに実社会でも活用されています。

本学で学んだ皆さんが、豊かな教養と高い倫理観を持つ技術者・研究者として世界に誇れる人材に育ち、持続可能な未来社会を創造するために、活躍されることを心より期待しています。

※ 各学科名から各学科のホームページへ移動することができますので,各学科の教育研究内容も是非ご覧ください

はじめに

TOP