広報資料

ホーム > 工学研究科 > 安全と共生の都市学コース

工学研究科

安全と共生の都市学コース

21世紀の安全と共生の都市空間に向けて!

今世紀の都市空間の形成は、安全と共生(自然環境との共生および多様な主体の共存協力)という価値目標に向けて、進められるようとしています。

本コースでは、都市の安全と共生を包括的に考える能力、都市の空間を総合的にデザインできる能力を有する若手技術・研究者の育成を目指しています。

このサブコースの科目は
博士課程前期課程学生対象の「学際工学特論6」
博士課程後期課程学生対象の「学際工学特論F」
として開講されます。

開講する内容

本コースでは、安全と共生に関する研究成果を個別科学の断片的知見にとどめるのではなく、都市空間のデザインに結実させる総合化の過程と、都市空間とそのシステムに具現化する過程を包括的に学ぶことを目的としています。

コースは安全と共生の二つの大テーマが設定されており、それぞれ学内教員による講義に加えて、最先端の課題を研究している国内外の研究者による特別講義と、現実の都市・地域フィールドでの研修・見学を組み合わせた総合的で実際的なカリキュラムになっています。

  • 安全と共生の都市学1
    共生型の都市・地域空間デザインの理念、自然環境と共生できる都市・地域システム構築の方法論、参加型コミュニティデザイン、地域共生の理念による減災計画の事例と理論、について学びます。
  • 安全と共生の都市学2
    安全な都市・地域空間デザインの理念、自然災害から安全な都市・地域システム構築の方法論、社会的災害リスクの評価とマネジメント、について学びます。

工学研究科

TOP