広報資料

ホーム > 工学研究科 > 建築学専攻

工学研究科

建築学専攻専攻・学科HP

環境との共生、安全で豊かな生活空間の創出

建築学は人間生活の基盤である生活空間を創造する最も普遍的な学の一つです。
人と地球に関わる普遍的課題と先端的課題に応えるためには、「計画」・「構造」・「環境」という建築の基礎的学問領域を修めると同時に、これらを総合して課題に対応する「空間デザイン」の能力が求められます。

建築学専攻(大学院)は、変化する時代に的確に、また、総合的に対応できる人材の養成を目指して、専門性と総合性の結合した教育を行います。

建築学専攻の教育の特色

鋼構造骨組の実大載荷実験
鋼構造骨組の実大載荷実験

建築学は、日常の生活から社会生活に至る様々な空間や領域を創造していくことを目指しています。
その目標は、環境としての快適さや利便性、安全な強度を確保するという従来必須の要件だけでなく、近年では環境に配慮した持続的発展を考慮した創造が求められています。

かつてのように造り続けていくことだけに重点を置くのではなく、人間とその社会が過去から現在に至るまで営々と築いてきた人間環境を継承しながら、より広く地球や自然環境との共生を図りながら新たに創造していくことが求められています。

建築学専攻は、そのような人類永遠の課題を踏まえつつ、建築単体だけではなく、地域空間から都市空間、さらに地球環境に直結するエコロジーをも展望することのできる人材の養成を目指すための教育研究を行います。

このため、空間デザイン、建築計画・建築史、構造工学、及び環境工学の4講座を設置しています。

カリキュラムの特色

博士課程前期課程においては、「計画」・「構造」・「環境」という建築の基礎的学問領域のより高度な知識を習得し、これらを総合して現実的課題に対する具体的解答を導き出す「空間デザイン」の能力を備えた人材を養成するためのカリキュラムを編成しています。

博士課程後期課程においては、それぞれの専門分野に対応した理論の構築と深化を目指し、国際性を有する高度な専門知識を備えた人材の育成を目的とした教育研究システムが用意されています。

無響室での音像定位実験 卒業設計発表会
無響室での音像定位実験
卒業設計発表会

講座構成・研究の紹介

建築学科では、大学院工学研究科建築学専攻を構成する4つの講座に属する教職員により教育が行われます。
大学院工学研究科では、建築の基本的な3系に対応する3つの講座(建築計画・建築史講座、構造工学講座、環境工学講座)に加えて、「空間デザイン講座」を設置し、より安全で豊かな生活空間の創出を行う実践的なデザイナーを養成する教育研究を行います。
大学院工学研究科の4つの講座では、以下の教育研究を行っています。

「空間デザイン講座」

建築・都市デザイン、住宅・コミュニティデザインから、構造デザイン、建築マネージメントまでの空間創出のための総合的・実践的なデザインに関する教育研究を行います。

「建築計画・建築史講座」

建築史、建築論、歴史環境の保全修復計画、人間居住と住宅・地域計画、建築・都市防災と建築計画、都市計画の基礎理論に関する教育研究を行います。

「構造工学講座」

建築構造物の安全性、各種構造物の部材や接合部の力学挙動と構造解析、耐震構造・制振構造などの耐震安全性、性能向上、構造システム等に関する教育研究を行います。

「環境工学講座」

建築物における音、熱、空気、光などの環境の解析と制御及び地域や都市における環境の解析と計画に関する教育研究を行います。

国際交流

工学部レベルではタンペレ工科大学(フィンランド)、重慶大学・天津大学(中国)等と、全学レベルではワシントン大学(米国)と協定を締結し、毎年数名の学生が海外留学をし、留学先での取得単位互換制度の適用を受けています。

特に重慶大学との交流協定では、両大学の教員が相互訪問し、留学生を受け入れています。

また、海外からの留学生も多く、大学院に進学する者も多数います。

ここで明記した以外にも多くの協定校があり、活発な国際交流を通して、国際感覚を身につけた大学院修了生を世に送り出しています。

卒業後の進路

近年の科学技術の進歩や多様化を背景に、学部学生の半数以上が大学院(博士課程前期課程、2年間)での研究活動継続を目指すようになっており、博士課程後期課程(3年間)まで進学して、本格的な研究生活を送る学生も増えています。

卒業後は、官公庁、建設会社、公益企業(電力、ガス、運輸)、設計事務所、コンサルタント、シンクタンク、設備業、各種製造業、情報産業、物流産業などに進み、さらに大学、研究機関など多方面でも活躍しています。

本学科の卒業生は、学部終了後所定の実務経験の上、国家試験に合格すると一級建築士、技術士の資格を取得できます。

主な就職先 ※建築学科の就職先については、従来の建設学科の情報を使用しています。
アーバンコーポレイション 神戸市役所 竹中工務店 阪急電鉄
旭化成ホームズ コスモスイニシア 東急設計コンサルタント 兵庫県庁
石本建築事務所 三機工業 東畑建築事務所 北條建築構造研究所
MID 都市開発 四国電力 西日本旅客鉄道 松田平田設計
NTTデータ 清水建設 西宮市役所 丸紅
NTTファシリティーズ 昭和設計 日建設計 三菱重工業
大阪府庁 新日鉄エンジニアリング 日東紡音響エンジニアリング 森ビル
大林組 住友林業 野村不動産 安井建築設計事務所
奥村組 積水ハウス 長谷工コーポレーション 山下設計
鹿島建設 ダイキン工業 パナソニック電工 類設計室
関西電力 大成建設 パナホーム YKK AP
京都市役所 大和ハウス工業    

Message 在学生・卒業生からのメッセージ

建築を通して世界を旅してみませんか?

石津 優子
(2009年学部卒業、2012年9月博士課程前期課程修了)

建築学は本当に深く、私もまだ学んでいる途中なのですが、私が建築学に魅力を感じるところは学問を通して人とつながることができたり、今までと違った視点で世界が見えたりするところです。
建築学は歴史や文化、宗教、経済、政治など世界の流れと関わりがあるため、建築学を学ぶことは単に建物そのものだけでなく、もっと広い分野の知識も同時に学ぶことになります。
私は現在、ワシントン大学との交換留学のプログラムを通してシアトルで建築学を勉強していますが、専門分野を持って海外留学をすることは本当に楽しいことだと実感しています。
国や文化は違っても学問が同じで興味や苦労が共有できるので、話題もすぐに見つかます。
また建築を通しての空間体験は言葉の壁を越えて感じることができるという点でも建築は世界共通言語であり、建築学を学ぶ者たちという大きな輪の中にいることを実感させてくれます。
また建築学を勉強してから学んだ知識や背景とともに世界の都市や建築作品を見て回ることは今までの旅行とは違った視点でその土地と触れあうことができ、教科書などで学んだ憧れの建築作品を実際に訪れる楽しみは建築学生の醍醐味だと思います。
建築を通して、世界を旅してみませんか。建築学は皆さんに様々な感動や喜びを与えてくれると信じています。

『まちや人を元気にする』

宮武 慎一
(2007年博士課程前期課程修了 現在株式会社安井建築設計事務所勤務)

建築学はまちや人を元気に出来る幸せな学問です。
古い町並みや思い出の場所でほっとしたり、癒されたり、新しい都市空間や初めて訪れた場所で、うきうきしたり、感動したり。
暗かった気持ちがぱっと明るくなったり。
誰でも一つくらい自分のお気に入りの場所があるのではないでしょうか。
そんな建物や空間を創りだすのが建築学です。
一つの建築は本当に沢山の人が関って創られています。
建築主、設計者、施工者だけでなく、様々な名技術職人、メーカーの営業マン、行政の役人さん、竣工後使用する沢山の人達。
そんな一人一人が強い想いを込めて創られた建築だからこそ、まちを活気付け、美しくし、生活する人を笑顔にし、沢山の人を元気にすることが出来るのだと思います。
現在建築設計の仕事をしていますが、建築は想いがカタチに残る幸せな仕事です。(子供が出来たらその時は自慢も出来ます。)
でも一度できてしまうと簡単に直したり、壊したりすることが出来ません。
責任ある重大な仕事ですが、一生懸命込めた自分の想いとエネルギーが建築として生まれ、まちや人を元気にすることが出来る。
こんな人間味あふれる幸せな学問の面白さを是非大学で学び取ってほしいと思います。

TOPICS 建築研究トピックス

地球環境の変化に応答する 空間デザインの可能性


[ ひょうご環境体験館]
桧間伐材を使った 次元トラス構造による空間の創造

地球温暖化が言われはじめて久しいが、建築・空間デザインの分野も地球環境への負荷低減の観点なしには語れない時代をむかえています。

このような背景をふまえ、 屋根・壁連続緑化建築による新たな都市景観形成、間伐材による木構造の空間デザイン、海面上昇による水没都市環境の居住可能性などの研究に取り組んでいます。

ヒートアイランド現象の緩和


都市構造物の表面被覆技術に関する実験施設
(神戸大学内に設置)

ヒートアイランド現象の緩和効果を目的とした都市構造物の表面被覆技術には、屋上緑化や日射高反射率塗料の屋根への塗装(クールルーフ)、保水性舗装などがあります。

神戸大学のキャンパスにある8階建ての研究棟屋上には専用の実験施設があり、そこでは屋外測定に基づく熱と水分の解析によりヒートアイランド現象の緩和効果に関する研究が進められています。

日射量、温度、湿度、土壌含水率、伝導熱流などの測定が行われ、種々の気象条件における表面被覆技術の緩和効果が熱収支解析から明らかにされています。

神社建築の研究


出雲大社本殿復元模型
(古代出雲歴史博物館で常設展示)

日本建築史を専門とし、中でも神社建築の研究を深化させている研究スタッフがいます。

近年の大きな話題として、2000年発見の出雲大社境内遺跡の研究から鎌倉時代の本殿を復元しました。
直径1mの木材を3本束ねた直径3mの柱をつくり、それを9本使って建てる巨大本殿です。

また2005年発見の奈良県御所市極楽寺ヒビキ遺跡では板状の柱をもつ5世紀の極めて特殊な建物の復元を行いました。

前者は2007年3月に開館した島根県の古代出雲歴史博物館に、後者は奈良県の橿原考古学研究所付属博物館に模型が展示されています。

リアルタイム・ハイブリッド実験による振動制御の研究

地震や風に対して、建築構造に求められる安全性(人命の保護)、修復性(財産の保全)、使用性(機能性・居住性)を守るために、建築構造の振動を制御します。

その有効性を検証方法として振動実験だけでなく、コンピュータ解析とセミアクティブダンパーの実験を組み合わせたリアルタイム・ハイブリッド実験を行っています。
これによってダンパーや制御方法の開発、制御効果の評価方法の研究に取り組んでいます。


リアルタイム・ハイブリッド実験によるセミアクティブ制御の検証実験

工学研究科

TOP