広報資料

ホーム > 工学部 > 電気電子工学科

工学部

電気電子工学科専攻・学科HP

高度情報化社会を支えるハードとソフトの技術者・研究者育成

近年の電気・電子工学は、単に産業界のみならず日常生活においても欠くことのできない基盤技術となってきており、その進歩には、目を見張るものがあります。特に、エレクトロニクス分野の技術革新は、コンピュータ、超LSI、光ファイバ、新素材などのハードウェアを提供し、これらを結び付ける情報通信やソフトウェアの技術と融合して、高度な情報化社会を実現してきました。

さらに将来、生体や環境などを含めた他の高度技術と融合して、社会により大きな恩恵をもたらそうとしています。

このような背景を踏まえ、電気電子工学科および電気電子工学専攻では、時代のニーズに応えるべく、コンピュータの基礎はもとより、LSI 回路設計、情報通信基礎論、ウェアラブルコンピュータ、新素材・新素子の開発および物性、エネルギーの発生・変換および制御と高度化利用などに関する教育研究を行い、優秀な人材の育成と先端的な研究を通じて社会への貢献に努めています。

電気電子工学科の教育の特色

電気電子工学科は、電子物理、電子情報の2つの講座からなります。

互いに緊密な協力のもとに電気電子工学に関わる技術・理論を総合的に捉え、基盤技術となる材料、デバイス、回路技術や、電子情報システム及び電気エネルギーシステムにおける通信、情報処理、制御技術について総合的に教育を行っています。

電子物理の分野では、電子・光子現象の工学的応用の基礎となる固体物理学、表面物理学、光・電子物性、電子材料工学、その応用としての集積回路デバイス、光エレクトロニクスデバイス、量子効果デバイス、ナノ材料・ナノデバイス等の材料およびデバイスの物理と設計・製作、電気エネルギーシステムの高効率化や安定化のための電気エネルギー変換システム制御理論・技術、プラズマエネルギー応用機器や超電導電力システムの設計・制御、制御系の設計理論・計装技術などに関連した教育・研究を行っています。

電子情報の分野では、IT 技術・電子情報通信システムの基本要素となる回路技術およびアルゴリズム、計算機援用システム設計(CAD)、情報の伝送・処理・変換に関する技術・理論としての計算機ハードウェア、ユビキタスネットワーク、ウェアラブルコンピュータ、パターン認識、言語理論、計算機システム制御、システム最適化の理論と応用など、幅広い教育・研究を行っています。

カリキュラムの特色

電気電子工学の学問・技術分野の基礎から応用まで調和の取れたカリキュラムを編成しています。

開講されている科目を分類すると、1、2年次には、電気電子工学の“ 専門基礎科目”として、物理、数学、化学分野の基礎科目が開講され、これと並行して、1~3年次に、自主的な学習法を体得することを目的とした少人数教育による電気電子工学導入ゼミナールをはじめ、“ 専門科目”として、電磁気学、電気回路論、電子回路、プログラミング演習、電気電子工学実験などが開講されています。

更に、2、3年次になると“ 専門応用科目”として、量子物理工学、固体物性工学、半導体電子工学、電力工学、電気機器、制御工学などの電子物理系科目と、ディジタル情報回路、情報伝送、計算機工学、データ構造とアルゴリズムなどの電子情報系科目が開講されています。

4年次には電気電子工学科内のいずれかの研究室に配属され、卒業研究を行います。
所定の条件を満たせば、3年次後期に研究室に配属されることもできます。

電気電子工学科の主な授業科目

講義科目
電磁気学 半導体電子工学 情報伝送 論理数学
電磁気学演習 光電磁波論 情報理論 電気計測
量子物理工学 数理物理工学 電子回路 制御工学
電気電子工学導入ゼミナール 電気回路論 データ構造とアルゴリズム 電力工学
電気電子材料学 電気回路論演習 計算機工学 電気機器
固体物性工学 ディジタル情報回路 プログラミング演習 電気電子工学実験

CADによるLSIレイアウト設計 マルチスロットアンテナ・マイクロ波プラズマ源
CADによるLSIレイアウト設計
マルチスロットアンテナ・
マイクロ波プラズマ源
ユビキタス技術によるTwitter でつぶやく募金箱 電子ビームによる新しい半導体材料の開発
ユビキタス技術による
Twitter でつぶやく募金箱
電子ビーム変調反射分光装置による
新しい半導体材料の開発

国際交流

各国の協定校からの学生を受け入れたり、協定校で取得した単位の読み替えを認めるなど、大学レベルでの国際交流を深めています。

留学生は韓国やマレーシアなどからほぼ例年のように在籍し、国際色豊かな学科となっています。

研究室レベルでは、アメリカ、ドイツ、ニュージーランド、韓国、イギリス、フランスなど、多くの国々の研究機関との共同研究を行っています。

卒業後の進路

卒業後の進路は、電力、電気機器、通信、コンピュータ、情報処理、エレクトロニクス、電気・電子材料等の分野はもちろん、機械、精密機械、化学、鉄鋼、造船、自動車、建設、商社などのあらゆる部門において活躍することになります。

さらに高度の教育研究を希望する者は、大学院(工学研究科博士課程前期課程・後期課程)への進学も可能です。

主な就職先
旭化成(株) (株)小松製作所 日亜化学工業(株) (株)村田製作所
(株)カネカ セイコーエプソン(株) (株)日立製作所 ヤマハ(株)
近畿日本鉄道(株) 中国電力(株) 古野電気(株) 鹿島建設(株)
コニカミノルタ(株) 西日本旅客鉄道(株) 三菱電機(株) 京セラ(株)
スズキ(株) パナソニック(株) ヤフー(株) KDDI(株)
ダイハツ工業(株) ブラザー工業(株) オムロン(株) (株)島津製作所
トヨタ自動車(株) 三菱重工業(株) キヤノン(株) 大日本スクリーン製造(株)
日本電信電話(株) ルネサスエレクトロニクス(株) (株)ケイ・オプティコム (株)デンソー
富士通テン(株) (株)NTTドコモ 四国電力(株) 日本電気(株)
(株)毎日放送 関西電力(株) ダイキン工業(株) 富士通(株)
(株)リコー (株)クボタ 電源開発(株) 本田技研工業(株)
NTTコミュニケーションズ(株) サントリーホールディングス(株) 日産自動車(株) 楽天(株)
川崎重工業(株) ソニー(株) 富士ゼロックス(株) ヤンマー(株)
(株)きんでん 中部電力(株) 北陸電力(株)

Message 在学生・卒業生からのメッセージ

Interesting university life of woman Ph.D. student

Sa Chu Rong Gui
(2014年博士課程後期課程修了)

My name is Sa Chu Rong Gui. I am a Ph.D. student from Inner Mongolia Autonomous Region, China. My research field is physical electronics and the theme is the development of new photonic materials for applications in light emitting diodes displays, lasers, and optical amplifiers and so on. More specifically, I am developing near-infrared to visible luminescent nanoporous materials in which dierent kinds of luminescent centers are doped. My university life is very interesting and fruitful. The research consists of dierent stages, such as synthesizing materials, characterization of samples by electron microscopes and other state of the art characterization techniques, measuring the optical properties, analyzing the data, discussion with colleagues, and writing scientific papers. During the ph.D period, we have a lot of opportunities to attend scientific conferences and meetings. I have attended many domestic and international conferences and communicated with many researchers in many kinds of research fields. To attend the presentation of prestigious researchers is very exciting and it broadens my horizons. I believe that these experiences will be very valuable for my future work. I strongly recommend you to join us.

エレクトロニクスの基礎を学び、ものづくりの楽しさを実感しよう

飯島 正章
(2008年博士課程後期課程修了)

現代の私達の暮らしは、今や身の回りの種々の電気製品、電子機器が無くては成り立たないように、大きく“ 電気”に依存しています。

近年、特に携帯電話に代表されるモバイル機器は、いつでもどこでも情報が得られる社会の実現に多大な影響を及ぼしています。

しかし、これらの機器が高性能、多機能化するほど内部構成はブラックボックス化しています。

例えば、本学科の学生実験で簡易電卓を実際に設計してみると、初めてその複雑な構成に驚かされます。

同時に、大学で学ぶエレクトロニクスの基礎が、現在のものづくり社会を支えているという実感が湧いてきます。

本学科では、初めの 年間で幅広い基礎学問(物理、情報、エネルギー工学)を習得し、その後研究室に配属され各自の研究がスタートします。

この道を究めた教授陣の支援によって、世界最先端分野を扱う卒業研究に取り組むことができ、研究成果を著名な国際会議で発表する機会もあります。

これらの経験は企業の研究開発に直結するため、卒業後社会人としての活躍も期待できると思います。
みなさん、エレクトロニクスを通じて社会に役立つものづくりに挑戦してみませんか?

TOPICS 電気電子工学研究トピックス

フレキシブルエレクトロニクスへの展開 (電子物理講座量子機能工学教育研究分野)

コンピュータの中核を担う集積回路は半導体であるシリコンのトランジスタで出来ていますが、有機物や酸化物の中には半導体の性質を示すものがあります。

これらを上手く利用するとプラスチックのようなフレキシブルな基板の上にトランジスタを作製でき、例えば表示素子と組み合わせると曲げられるディスプレイに応用できます。

プラスティックフィルム上のトランジスタ(左)と測定の様子(右)
プラスティックフィルム上のトランジスタ(左)と測定の様子(右)

我々の教育研究分野ではフレキシブルエレクトロニクスへ応用可能な電子素子の研究を行っています。
上の図は有機物と酸化物を半導体として使ったトランジスタからなるCMOS インバータ回路の特性です。

有機トランジスタと酸化物トランジスタからなる回路の特性
有機トランジスタと酸化物トランジスタからなる回路の特性

機械学習による大規模データからの知識獲得 (電子情報講座知的学習論教育研究分野)

コンピュータやインターネット、そしてセンサーに代表される小型電子デバイスの発達により、我々の身のまわりには、大量のデータが時々刻々と発生しています。

このようなデータは「ストリームデータ」と呼ばれますが、有効利用されているのはごく一部であり、その多くは記憶媒体に単に蓄積されているだけです。

最近、このような大規模データ(いわゆる「ビッグデータ」)から機械学習により知識獲得する研究が注目されています。

低解像度データからの複雑未知システムの推定
低解像度データからの複雑未知システムの推定

我々の教育研究分野では、画像や音声、通信パケット、SNS 上のコメントやツイートなど、さまざまな大規模データから知識獲得(上図)やシステム推定(左図)を行い、我々の生活を豊かにし、安全・安心を確保する技術の開発に取り組んでいます。

顔画像からリアルタイムでオンライン特徴抽出するシステム
顔画像からリアルタイムでオンライン特徴抽出するシステム

工学部

TOP