広報資料

ホーム > 工学部 > 情報知能工学科

工学部

情報知能工学科専攻・学科HP

次世代知能化情報システムの創出を目指して

情報知能学は、「情報」を媒体として既存の諸工学分野を有機的に結合し、「知能」による創造的プロセスを追求するとともに、次世代の「知能」化情報システムを創出するこれまでに無い新しい学問領域です。

情報知能工学科では、旧来の学問の壁を打ち破るフロンティア精神に溢れた教育・研究の推進とともに、創造性豊かな思考と研究開発能力をもった技術者・研究者を養成しています。

情報知能工学科の教育の特色

情報知能工学科の授業科目は、基礎科目と先進的・学際的な専門科目から構成されています。これらの基礎および専門知識を統合・融合することにより、高度情報化社会の様々な技術問題を解決できる能力を養います。

情報知能工学科の学生は,基本的に,システム情報学研究科やイノベーション研究科へ進学することになります。

情報知能工学科のカリキュラムの特色

新しい高機能を備えたシステムを創造できる総合的な技術力がつくように、本学科の授業科目は、数学・物理学などの専門基礎科目と、幅広い分野の先進的かつ学際的な専門科目から構成されています(これらをまとめて共通専門科目と呼んでいます)。特に「現実世界」から「情報世界」までの、情報知能学に関連した内容を体系的に学べる新しいカリキュラムとなっており、そのほとんどが必修科目(全員履修科目)に指定されているのが大きな特色となっています。

また、本学科内には、専門情報処理教育用の計算機システムとして、学生1人あたり1台の利用環境で実験・演習を行うことができるように、高機能ワークステーションが設置されています。

これらの4年間一貫の共通専門科目とともに、基礎教養科目・総合教養科目・高度教養科目の3種類のカテゴリーによる教養科目や外国語などの全学共通の科目を、1学年から4学年にわたって学べるカリキュラムも用意されており、バランスのとれた学習ができるようになっています。さらに、4年生になると卒業研究が始まり、これまで学んできた知識により一層の磨きをかけることができるようになっています。

さらに、これまで大学院向けに実施してきたITスペシャリスト養成コース(enPiT,CloudSpiral)の教育プログラムをアレンジして、2017年度より工学部の学生に向けて展開します。他大学の学生とAI、ビッグデータ、クラウドに関するPBL(Project-Based Learning)を行う実践的な内容になっており、選抜された学生が参加します。

なお、情報知能工学科では、システム情報学研究科や科学技術イノベーション研究科等に所属の教員が本学科の専門教育や研究指導に当たっています。

情報知能工学科の主な授業科目

講義科目
微分積分学1・2 物理学C1~C4 スペクトル解析及び演習 信号解析
常微分方程式論 グラフ理論 オートマトンと形式言語 計算機援用工学
応用解析演習 言語工学 情報知能工学実験Ⅰ・Ⅱ アルゴリズムとデータ構造及び演習
光情報工学基礎 ソフトウェア工学 数値解析 システム計画学及び演習
ディジタル回路 ディジタル信号処理 物理学実験 オペレーションズリサーチ
データベースシステム 卒業研究 電子回路 情報知能工学演習Ⅰ~Ⅴ
画像工学 数理統計学 計算機アーキテクチャ 複素関数論
電気回路及び演習 フーリエ解析 電磁気学応用 確率過程論
プログラミング言語論及び演習 解析力学B システムモデル論 数理論理学
システム解析及び演習 計算機工学 離散数学 回路理論
システム制御理論Ⅰ・Ⅻ システムプログラム 確率論基礎 情報通信工学
情報知能工学プロジェクト センシング工学 論理回路 光情報工学
線形代数学1・2 電子制御機械論 システム設計学 ロボット工学
ベクトル解析 情報知能工学総論及び安全工学 人工知能

情報知能演習室の計算機システム ロボットプログラミング実験
情報知能演習室の計算機システム
ロボットプログラミング実験

国際交流

海外の大学や研究機関との多数の共同研究実績があります。

国際的な研究集会の企画や開催に多くの教員が参画するとともに、大学院に在籍する学生のほとんどが、これらを始めとする様々な国際学会での研究成果発表を経験しています。

毎年、外国人留学生を受け入れており、その主な出身国は、ウクライナ、オーストラリア、韓国、スウェーデン、中国、ドイツ、ネパール、ブラジル、フランス、ベトナム、ペルー、モロッコ、ラオス、ルーマニアなど、多様な地域にわたっています。

卒業後の進路

毎年、多数の企業からの求人依頼があり、基幹産業、先端産業である電気・電子・情報・通信・機械関連の製造業を中心に就職しています。

その他、金属・重工・自動車や、電力・ガス、さらには、金融・商社・マスコミから官公庁や教育界まで、あらゆる業種への就職実績があります。

本学科・専攻の卒業生・修了生は、多様化する社会の中で、技術者・研究者・管理者として中心的な役割を果たし、非常に高く評価されています。

なお、学部学生の大多数(70~80%)が、より高度な専門知識を習得し、研究を深めるため、大学院博士課程前期課程に進学しています。

また、博士課程前期課程修了者の約15%が博士課程後期課程に進み、博士号の取得を目指しています。

主な就職先
(株)アルファシステムズ (株)ケイ・オプティコム ダイハツ工業(株) パナソニック(株)
アークレイ(株) KDDI(株) 中国電力(株) (株)日立製作所
アイテック阪急阪神(株) (株)神戸製鋼所 TIS(株) (株)日立ソリューションズ
旭化成(株) コベルコシステム(株) (株)デンソー 富士通テン(株)
エヌ・ティ・ティ・
コミュニケーションズ(株)
(株)小松製作所 (株)東芝 富士通(株)
NTTコムウェア(株) シャープ(株) トヨタ自動車(株) 古野電気(株)
(株)NTTデータ JFEスチール(株) 西日本電信電話(株) 三菱自動車工業(株)
(株)エヌ・ティ・ティ・
ドコモ
新日鉄住金 (株) 西日本旅客鉄道(株) 三菱重工業(株)
カプコン(株) 新日鉄住金
ソリューションズ(株)
日本電気(株) 三菱電機(株)
川崎重工業(株) (株)SCREEN
ホールディングス
日本電信電話(株) (株)村田製作所
関西電力(株) 住友電気工業(株) 任天堂(株) ヤフー(株)
グリー(株) ダイキン工業(株) (株)野村総合研究所 (株)リコー
グローリー(株) 大日本印刷(株)

Message 在学生・卒業生からのメッセージ

暖かい触れ合いに満ちた情報知能工学科

周 晨怡
(2005年学部卒業)

こ留学生の私は神戸大学に入学したとき、日本語がまだうまくないし、学校の制度にも詳しくありませんでした。

でも心配したことはありません。周りの友達や先生、留学生会館のスタッフたちがとても熱心で、いろいろ教えていただきました。
そのため、在学している4年間に楽しい思い出がいっぱいあります。

特に印象に残っているのは研究室のベランダで何回かパーティを開き、先生と学生が一緒に焼肉を焼いたり、サラダを作ったりしました。

また、留学生会館では毎年クリスマスパーティを開きました。
もちろん、だれでも参加できます。

このように大学では人と人のコミュニケーションをとても大切にしています。授業もとても面白いです。
教科書に載っている知識を皆に理解させる為に、実験が多かったです。
動画やゲームを作ったり、自走式ロボットを作ったりしました。
どれも学生自身の創意を重視し、自由に作成することができます。

行き詰まったこともたくさんありましたが、先生のサポートやチームメイトの助け合いによって問題が解決できました。
自分が作ったロボットが動き出す瞬間はとても感動しました。

私は学部を卒業して東京で就職しましたが、今でも学園祭や留学生集会の誘いがよく来ます。
とても暖かい学校だと思います。


情報社会を支える技術を身につけよう

深澤 光弥
(2008年博士課程後期課程修了)

情報社会の最先端を走る技術者になってみませんか?

情報知能工学科では情報技術者に必要なハードウェアとソフトウェアの両面を学ぶことができるよう、実践的なカリキュラムが組まれています。

1年生から専門分野の講義があり、3年生までの間に情報系の専門知識からプログラミングスキルまで幅広く身につけることができます。

私自身、3年生まではソフトウェアに関する勉強を重点的に行い、4年生の研究室配属以降はハードウェアであるLSI( 大規模集積回路) の研究に従事しています。
そのおかげで、今では最先端の技術開発や研究を行える能力を身につけることができました。

また、変化の激しい分野のため、熱心で活発な先生が多く、学生にも刺激的で暖かく成長を支えてくれます。
皆さんもこれからの情報社会を引っ張っていく技術者になるために、神戸大学の情報知能工学科で学んでみませんか?


TOPICS 情報知能学研究トピックス

当学科では,情報知能学に関する様々な先端的研究が行われていますが,ここではその中から各講座より一つずつ研究トピックスをご紹介します

スマートアグリ


大豆畑に設置した環境センサ

いま、日本の農業は大きな岐路に立たされています。農村部における人口減少と超高齢化、40%を下回り続けている低い食料自給率、そしてTPPによる関税撤廃など、様々な問題が押し寄せています。
一方で、2009年には340兆円であった世界の食市場が2020年には680兆円に倍増することが見込まれていることなどから、競争力強化を図ることで日本農業をグローバル展開する好機と見る向きもあります。
そこで、大きな期待が寄せられているのが、コンピューターやネットワーク技術などの最新テクノロジを利用して農業にイノベーションをもたらす「スマートアグリ」です。

私たちの研究室では、農業現場から得られる多種多様なデータの知的処理により、農業を効率化するしくみについて、学内外の専門家と一緒に研究しています。
例えば、畑の作物を対象として、カメラ画像から推定された草丈・花数などの生育データや、センサで取得された気温などの環境データをもとに、データマイニング技術を用いることで熟練農家の知恵やノウハウを顕在化させる手法を開発しています。
これによって、効果的な農作業のヒントの提供や、次世代への円滑な技術継承を可能とします。
また、牛同士のインタラクションを検知することで放牧牛の行動を分析したり、3次元画像を利用して肥育牛の発育状態を管理したりなど、最新のデバイスやデータ処理技術を活用した研究にも取り組んでいます。


大川剛直 教授(知的データ処理分野)

インタラクション検知用のデバイスを装着した放牧牛

体重予測のための肥育牛の3次元点群画像
システム計画

「システム」という言葉は最近良く耳にするようになりました。
例えば、情報システムや交通システム、通信システム、などは皆さんも一度は聞いたことがあると思います。
我々は、効率的なシステムの実現を目指し、様々な研究に取り組んでいます。

ここでは、その一例を示します。システムの効率性を評価・検討する際に良く用いられるのが「コンピュータシミュレーション」という技術です。

最近の工業製品は、ハイブリッドカーやデジタルカメラなど、機械部品と電子部品が組み合わされ非常に複雑な構造をしています。

さらに、携帯電話の通信システムや原子力発電システム、国際宇宙ステーションなど、システムの規模がますます大きくなってきています。

このような状況で、システム全体の性能をきちんと解析するために、色々な場面でコンピュータシミュレーションを利用するケースが増えています。

我々は、製造業におけるモノづくりの効率化を目指し、新しい生産システムシミュレーションの開発を進めています。

このようにコンピュータ内へ仮想的な工場を作り上げることで、工場を設計したり実際に動かす際に、どのようにすれば効率的になるかをコンピュータ上で事前に確認することができます。

その結果、短期間により多くの製品を低価格で作ることが可能になるのです。

貝原俊也 教授(システム計画分野)

生産システムのシミュレーション 山火事のシミュレーション
生産システムのシミュレーション
山火事のシミュレーション
人に優しい介護支援ロボット

私たちは、街や介護福祉施設などの環境で人々の日常生活を助けるロボットシステムの研究開発を行っています。

こうした環境で活動するロボットにとって、目的の作業を実現できるためには、動作の速さや力強さといった「体力」が必要だけでなく、人間や動物のように、五感を頼りに外部環境変化に迅速に反応して適応行動を創出するという高度な「知能」も必要不可欠です。

具体的な介護支援作業の例を考えると、被介護者をベッドからやさしく抱き上げて車椅子などに安全に移乗させるためには、被介護者の位置姿勢および身長体重などを認識して、それに応じてロボットの動作を適切に生成する必要があります。

また、移乗作業中における被介護者の姿勢変化や外部からの影響に対応するためにロボットの全身動作も柔軟に調節しなければなりません。

このようなロボットを実現するために、私たちは最新の情報科学とシステム制御工学をベースにした数理解析と、脳活動イメージング技術、計算機シミュレーションおよびロボットによる実機実験を両輪にして研究開発を展開しています。

羅 志偉 教授(計算ロボティックス分野)

理研で開発されたロボットRI-MAN 脳活動の近赤外光イメージング
理研で開発されたロボットRI-MAN
脳活動の近赤外光イメージング

工学部

TOP