広報資料

ホーム > 工学部 > 建築学科

工学部

建築学科専攻・学科HP

環境との共生、安全で豊かな生活空間の創出

建築学は人間生活の基盤である生活空間を創造する最も普遍的な学問の一つです。
人と地球に関わる普遍的課題と先端的課題に応えるためには、「計画」・「構造」・「環境」という建築の基礎的学問領域を修めると同時に、これらを総合して課題に対応する「空間デザイン」の能力が求められます。

建築学科は、変化する時代に的確に、また、総合的に対応できる人材の養成を目指して、専門性と総合性の結合した教育を行います。

学びの特徴

鋼構造骨組の実大載荷実験
鋼構造骨組の実大載荷実験

建築学科では、建築単体だけではなく、地域空間から都市空間、さらに地球環境に直結するエコロジーをも展望することのできる人材の養成を目指して,空間デザイン、建築計画・建築史、構造工学、及び環境工学の4講座を設置しています。

特に、人間性・社会性、国際性、創造性、専門性及び総合性の教育を理念としており、その理念に沿った教育目標を達成するために、工学及び人文・社会・芸術の諸領域にまたがった教養・専門基礎教育、建築学の「計画」・「構造」・「環境」の基礎から応用にいたる専門教育、さらに総合的、実践的な空間デザイン教育へと繋がる体系的なカリキュラムを編成しています。

「総合性の教育」を実現するために、デザイン系の講義や演習の体系を整備し、建築マネージメントに関する講義や実社会での実務演習としてインターンシップ(学外演習)も充実させています。これらは、計画、構造、環境の専門教育を総合化し、さらに実践力の向上を図ることを目的としており、演習や実務関連科目では、学内スタッフに加えて、実社会で活躍する建築家、プランナー、エンジニアによる指導体制も充実させており、実践力がつく教育研究システムとなっています。

無響室での音像定位実験 卒業設計発表会
無響室での音像定位実験
卒業設計発表会

授業紹介

デザイン・空間創造の専門能力を養う:設計演習Ⅰ~Ⅲ

設計演習Ⅰ~Ⅲは1年生から3年生を通して継続して行われる演習科目です。まず、1年生では設計の基礎となる製図法から始めます。建築設計の一般図である平面図,立面図,断面図や透視図を作成する基礎知識と技術を習得します。2年生から取り組む設計課題は、住宅、事務所、図書館、子育て施設等であり、規模や機能がより大規模、複雑になっていきます。演習と並行して行われる専門講義で修得した知識を総合化し、多様な機能の建築物の設計ができる専門能力を身に付けます。指導は学内の専任教員に加えて、第一線で活躍する建築家を非常勤講師として招いて行われています。

建築設計を支える計画の知見を学ぶ:建築計画A・B・C

建築計画A・B・Cは1年生から2年生にかけて行われる講義です。建築や環境の計画に関する基礎的な知識と方法を習得し、人間と空間・環境との関係性、安全性への配慮などの計画の原点について学びます。住宅、集合住宅、事務所、保育所、学校、美術館、図書館などの事例分析を通して、多様な建築タイプ毎の建築・デザインの特質が講述されます。施設別の事例に加えて、規模の計画、集合の計画、都市建築の計画、地域の計画等というテーマに分けて、建築計画の理論に対する理解を深めます。建築計画を学んだ後は、建築物が集合する地域や都市を対象としたアーバンデザインや都市計画へと建築学の対象は広がっていきます。

音環境計画,熱環境計画(3年生前期開講),光環境計画(3年生後期開講)

建築物を設計するうえで欠かせないのが、快適な環境を実現することです。また、一般に環境工学は快適性のみと結びつけて論じられがちですが、安全性や意匠性にも深くかかわる部分があり、これを修得することは、より良い建築・都市空間の実現のために必要不可欠です。本学科では、環境工学(光・音・熱・空気・都市・設備)について、基礎的な内容を2年生で修得しますが、3年生にはそれぞれ内容についてより進んだ内容を学ぶ科目を用意しています。これらでは、目には見えない現象などを、マルチメディアを用いたデモンストレーションや、シミュレーション技術を用いた、視聴覚教材を活用して修得できるように工夫を凝らした授業を行っています。

エアコン吹出口付近の赤外線画像(天井表面の温度分布)
反射音の遅れ時間と方向感
エアコン吹出口付近の赤外線画像
(天井表面の温度分布)

行灯を用いた光の透過特性の確認
行灯を用いた光の透過特性の確認
建築工学実験(構造系)

建築物を設計する際には,建築物の各種の性能を評価し,必要性能を満足させるよう計画を進める必要があります。本授業では,建築物の構造および環境的性能を評価する際に不可欠となる,建築物の構成要素の特性を把握するための各種の実験方法を学ぶとともに,各種実験を通じて,建築物を構成する材料や部材の挙動の理解を深めることをテーマとしています。

ここでは,実験観察等を通してそれらの実挙動をより深く理解する。また実験結果や解析結果を吟味し,考察する能力を養います。

また,建築構造に関しては,構造設計Ⅰ,構造設計Ⅱといった科目が開講されており,鉄筋コンクリート構造と鋼構造の構造設計ならびにコンピュータを用いた地震応答解析の演習課題を通じて,総合的な設計能力を養います。

建築工学実験・コンクリート練り(建設構造実験室)
建築工学実験・コンクリート練り
建築工学実験・振動台実験
四年間で学んだ建築学の集大成:卒業研究(卒業設計)

最終年度である4年生の必修科目である「卒業研究」では、多くの学生が卒業設計に取り組みます。テーマや敷地が与えられた設計・計画演習とは異なり、卒業設計では学生自らが課題を設定して、それに対する空間提案を行います。4年間を通して学んだ計画・構造・環境の知識を総動員させて、地域や建築空間として結実させます。4年次に配属される研究室での指導に加えて、設計演習を担当された第一線で活躍する建築家を招いた中間講評会など充実した教育体制がとられています。自分の作品をプレゼンテーションする卒業設計発表会と合わせて外部講評者を含めた公開選考会を開催し、優秀作品が選定されます。


国際交流

工学部レベルではタンペレ工科大学(フィンランド)、重慶大学・天津大学(中国)等と、全学レベルではワシントン大学(米国)と協定を締結し、毎年数名の学生が海外留学をし、留学先での取得単位互換制度の適用を受けています。

特に重慶大学との交流協定では、両大学の教員が相互訪問し、留学生を受け入れています。

また、海外からの留学生も多く、大学院に進学する者も多数います。

ここで明記した以外にも多くの協定校があり、活発な国際交流を通して、国際感覚を身につけた大学院修了生を世に送り出しています。

卒業後の進路

近年の科学技術の進歩や多様化を背景に、学部学生の半数以上が大学院(博士課程前期課程、2年間)での研究活動継続を目指すようになっており、博士課程後期課程(3年間)まで進学して、本格的な研究生活を送る学生も増えています。

卒業後は、官公庁、建設会社、公益企業(電力、ガス、運輸)、設計事務所、コンサルタント、シンクタンク、設備業、各種製造業、情報産業、物流産業などに進み、さらに大学、研究機関など多方面でも活躍しています。

本学科の卒業生は、学部終了後所定の実務経験の上、国家試験に合格すると一級建築士、技術士の資格を取得できます。

主な就職先(2016年3月学部卒業生,大学院修了生)

㈱大林組、鹿島建設㈱、清水建設㈱、大成建設㈱、㈱竹中工務店、戸田建設㈱、㈱長谷川工、コーポレーション、㈱平成建設、㈱梓設計、㈱E.A.S.T建築、都市計画事務所、鳳コンサルタント㈱、環境デザイン研究所、㈱昭和設計、㈱日建設計、㈱日本設計、㈱NTTファシリティーズ、旭化成ホームズ㈱、㈱一条工務店、㈱コスモスモア、住友林業㈱、積水ハウス㈱、大成有楽不動産㈱、大和ハウス工業㈱、東急リバブル㈱、日本エスリード㈱、阪急不動産㈱、三井ホーム㈱、関西電力㈱、西日本旅客鉄道㈱、旭化成建材㈱、JFEスチール㈱、新日鐵住金㈱、積水化学工業㈱、ダイキン工業㈱、大建工業㈱、トップライズ㈱、㈱LIXIL、YKK AP㈱、㈱アサツー・ディ・ケイ、池田泉州銀行㈱、オンキヨー㈱、㈱神鋼環境、ソリューション、住友商事㈱、トランコスモス㈱、(一財)日本建築、総合試験所、日本たばこ産業㈱、日本放送協会、(公財)文化財建造物、保存技術協会、㈱三井住友銀行、㈱ロッキング・オン、国土交通省、衆議院事務局、滋賀県庁、神戸市役所、西宮市役所、兵庫県庁、芦屋市役所、兵庫県警察、福井県庁

在学生・卒業生からのメッセージ

かけがえのない存在

永久 実伽子
(2015年学部卒業, 2017年博士課程前期課程修了)

建築物は、人が生きる上でなくてはならないかけがえのない存在です。
生まれた時から今の今まで私たちは何かしらの建築物の傍で笑ったり、泣いたり、喜んだりしてきたと思います。
そのような身近な存在を深く学ぶと、これまでとはまた違った視点を得ることができ、世界が拡がります。
私は構造系の研究室に所属し、主に構造の分野を学んでいますが最も興味を持っているのは建築物の力の流れを理解することです。街中にある建築物はどんなに複雑であっても全て力の流れをうまく処理した設計がなされて立派に存在できています。
その面白さに気づいてからは旅行先、特に海外において視点が変わりました。海外では設計基準等が異なるため日本では存在し得ないような建築物があります。それを見て『どのような構造なのだろう』と自ら考え、これまでは当たり前な存在としていた建築物をひとつの"もの"として捉えるようになりました。
この視点の変化があってから、なおさら自らの手で建築物を設計したいと思うようになり、自分の考えをかたちにし、そのかたちが成立するための条件を選択していく『ものづくり』の楽しさをますます知ることになりました。
みなさん、今後もかけがえのない存在であり続ける建築学を是非神戸大学で学んで、新しい世界や夢を持ってみませんか。

『まちや人を元気にする』

宮武 慎一
(2007年博士課程前期課程修了 現在株式会社安井建築設計事務所勤務)

建築学はまちや人を元気に出来る幸せな学問です。
古い町並みや思い出の場所でほっとしたり、癒されたり、新しい都市空間や初めて訪れた場所で、うきうきしたり、感動したり。
暗かった気持ちがぱっと明るくなったり。
誰でも一つくらい自分のお気に入りの場所があるのではないでしょうか。
そんな建物や空間を創りだすのが建築学です。
一つの建築は本当に沢山の人が関って創られています。
建築主、設計者、施工者だけでなく、様々な名技術職人、メーカーの営業マン、行政の役人さん、竣工後使用する沢山の人達。
そんな一人一人が強い想いを込めて創られた建築だからこそ、まちを活気付け、美しくし、生活する人を笑顔にし、沢山の人を元気にすることが出来るのだと思います。
現在建築設計の仕事をしていますが、建築は想いがカタチに残る幸せな仕事です。(子供が出来たらその時は自慢も出来ます。)
でも一度できてしまうと簡単に直したり、壊したりすることが出来ません。
責任ある重大な仕事ですが、一生懸命込めた自分の想いとエネルギーが建築として生まれ、まちや人を元気にすることが出来る。
こんな人間味あふれる幸せな学問の面白さを是非大学で学び取ってほしいと思います。

トピックス

地球環境の変化に応答する 空間デザインの可能性

[ひょうご環境体験館]桧間伐材を使った 次元トラス構造による空間の創造
[ ひょうご環境体験館]
桧間伐材を使った3次元トラス構造による空間の創造

地球温暖化が言われはじめて久しいが、建築・空間デザインの分野も地球環境への負荷低減の観点なしには語れない時代をむかえています。

このような背景をふまえ、 屋根・壁連続緑化建築による新たな都市景観形成、間伐材による木構造の空間デザイン、海面上昇による水没都市環境の居住可能性などの研究に取り組んでいます。

ヒートアイランド現象の緩和

都市構造物の表面被覆技術に関する実験施設(神戸大学内に設置)
都市構造物の表面被覆技術に関する実験施設
(神戸大学内に設置)

ヒートアイランド現象の緩和効果を目的とした都市構造物の表面被覆技術には、屋上緑化や日射高反射率塗料の屋根への塗装(クールルーフ)、保水性舗装などがあります。

神戸大学のキャンパスにある8階建ての研究棟屋上には専用の実験施設があり、そこでは屋外測定に基づく熱と水分の解析によりヒートアイランド現象の緩和効果に関する研究が進められています。

日射量、温度、湿度、土壌含水率、伝導熱流などの測定が行われ、種々の気象条件における表面被覆技術の緩和効果が熱収支解析から明らかにされています。

神社建築の研究

出雲大社本殿復元模型(古代出雲歴史博物館で常設展示)
出雲大社本殿復元模型
(古代出雲歴史博物館で常設展示)

日本建築史を専門とし、中でも神社建築の研究を深化させている研究スタッフがいます。

近年の大きな話題として、2000年発見の出雲大社境内遺跡の研究から鎌倉時代の本殿を復元しました。
直径1mの木材を 3本束ねた直径3mの柱をつくり、それを9本使って建てる巨大本殿です。

また2005年発見の奈良県御所市極楽寺ヒビキ遺跡では板状の柱をもつ5世紀の極めて特殊な建物の復元を行いました。

前者は2007年3月に開館した島根県の古代出雲歴史博物館に、後者は奈良県の橿原考古学研究所付属博物館に模型が展示されています。

擁壁(ようへき)との衝突を考慮した免震建物の応答低減手法に関する研究

阪神淡路大震災以降、建築構造物が地震を受けたときの被害を低減するための有効な手段の一つとして免震構造が数多く採用されています。しかしながら、今後想定すべき海溝型巨大地震や内陸直下地震などの超大型の地震を受けたときに、免震層の変形が過大になり、とりわけ既設の免震建物では上部建物と地面側の擁壁が衝突することが懸念されます。本研究では免震層の応答変位と応答速度に応じて減衰力の出力が切り替わるダンパー(オンオフダンパー)を付加することによってこの現象を低減させる手法を提案しています。

振動台実験によるオンオフダンパーの検証実験

工学部

TOP