創⽴100周年記念
ロゴ・モニュメント

「神戸高等工業学校発祥之地」記念碑



 神戸高等工業学校,神戸工業専門学校および神戸大学工学の卒業生の念願であった「神戸高等工業学校発祥之地」記念碑(通称「西代記念碑」)が,1984(昭和59)年3月,KTCにより旧西代学舎跡地の水笠公園に建立されました.その後,記念碑は,震災復興土地区画整理事業による水笠公園の宅地化に伴い,2004(平成16)年に現在の地である神戸市長田区水笠通1丁目の一角の5号緑地に移設されました.この場所は往年の西代学舎のほぼ中央,電気科の実験室棟の南側のグラウンドに面する場所に相当し,廣田先生の胸像が最初に設置された場所からやや東に位置します.碑の背面には,

とそれぞれの設立年が刻まれています.

 ここ西代記念碑より西側に位置する旧松野学舎の跡地は,神戸市立神戸工業高等学校(後に須磨区に移転)となり,現在はマンションや一戸建てが並ぶ住宅地に変わっています.学生たちが闊歩した懐かしの西代学舎・松野学舎は,今では住宅地として人々のくらしが息づいています.

「神戸高等工業学校発祥之地」記念碑の紹介動画

【モニュメントのページに戻る】