広報資料

ホーム > 研究成果 > 工学研究科の研究Activity > 神戸大学工学研究科 界面科学研究センター 第3回講演会

研究成果

神戸大学工学研究科 界面科学研究センター 第3回講演会
コロイド・界面の基礎と応用を六甲で学ぼう!

主催:本学工学研究科界面科学研究センター・日本化学会コロイドおよび界面化学部会関西支部
協賛:本学自然科学系先端融合研究環重点研究部スマート物質・材料チーム等

界面科学センターでは日本化学会コロイドおよび界面化学部会の協力を得て、本学工学研究科の3センターの研究活動の中で特に界面の役割に注目した研究の現状を報告していただく機を得ました。
さらに、国内外の様々な立場でご活躍されているコロイド・界面に関わる研究者をお招きし、最先端の界面科学研究と材料開発に関する取り組み方や研究の動向についてご講演をいただくことになりました。様々な界面科学研究の話題にふれることができる絶好の機会として、是非ご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

日 時 2014年7月31日(木)13:00 - 8月1日(金)16:15
場 所 講演会:神戸大学百年記念館六甲ホール(案内図57番)
ポスター発表・懇親会:瀧川記念学術交流会館(案内図54番)
参加費 学内参加者:申込HP(学内限定)をご覧下さい。
学外参加者:日本化学会コロイドおよび界面部会HPをご覧下さい。

講演会1日目 7月31日(木) 12:30受付開始 於:六甲ホール

1.(13:00~14:00) 高分子材料界面の構造観察と制御

神戸大学大学院工学研究科・界面科学研究センター長 西野 孝

2.(14:00~15:00) 多孔性配位高分子の吸着誘起構造転移メカニズム

京都大学大学院工学研究科 田中秀樹

3.(15:15~16:00) 水溶性両親媒多糖の増粘特性と乳化機構

 花王ビューティーケア研究センター 秋山恵里

4.(16:00~17:00) 流体系界面の物理化学-界面から界線へ―

九州大学理学研究院・日本化学会コロイドおよび界面化学部会長

荒殿 誠


ポスター発表 (17:15~18:15)  於:瀧川記念学術交流会館
交 流 会 (18:15~20:00)  於:瀧川記念学術交流会館

講演会2日目 8月1日(金) 9:00開場・受付開始 於:六甲ホール

5.(9:30~10:30) 界面・コロイドを利用したバイオリファイナリー

神戸大学大学院工学研究科・統合バイオリファイナリーセンター長

近藤昭彦


6.(10:30~11:30) 膜の界面科学と工学

神戸大学大学院工学研究科・膜工学研究センター長 松山秀人

 

(昼  食)

7.(13:00~14:00)Functional nanocomposites – form fabrication to function

ドイツ・キール大学工学部 Franz Faupel

8.(14:00~14:45) 界面制御による電池材料開発

 パナソニック(株) 武江正夫

見学会 (14:45~16:15)  神戸大学3センター見学

界面科学研究センター

先端膜工学センター

統合バイオリファイナリーセンター

 

参加申込申込HP(学内限定)にご記入の上、お申し込み下さい。

学外から参加をご希望される場合は、日本化学会コロイドおよび界面化学部会HPの申込先にお申し込み下さい。

学内問い合わせ
工学研究科応用化学専攻 水畑 穣

(E-mail: mizuhata@kobe-u.ac.jp 内線:6186)

研究成果

TOP