広報資料

ホーム > 工学研究科 > 減災戦略コース

工学研究科

減災戦略コース

マルチハザードへの最適被害軽減戦略

近年、地震・洪水などの自然災害だけでなく人為災害も含めた複合災害(マルチハザード)の被害軽減に向けて、総合的な防災・減災の取り組みが重要とされています。

減災戦略コースでは、それぞれの専門分野のエッセンスを習得し、将来おこりうる災害に幅広い視野から適切な戦略で対応できる技術者を社会に輩出することを目指しています。

授業科目

工・海事連携による自然大災害のリスクアセスメント、減災、災害情報コミュニケーションに対応する教育プログラムとして、工学研究科と海事科学研究科の科目群で構成しています。

建築学専攻の避難計画特論では、各種災害時の人間の避難行動の特性を踏まえた建築物および地域における避難計画のあり方について講述するとともに、避難計画の立案に必要な避難計算や評価方法について取り上げます。

市民工学専攻の地盤工学特論では、都市インフラを対象にして地震後の緊急対応、復旧、復興を進める上での考え方、および被害軽減を目的とした工学の役割について、具体的な事例を示しながら講述します。

担当研究科 専攻 授業科目名
工学研究科 建築学専攻 避難計画特論
市民工学専攻 地盤工学特論
海事科学研究科 海事科学専攻 海事安全管理論
海事技術評価論
災害危機管理論

工学研究科

TOP