広報資料

ホーム > 研究成果 > トピックス > 英国王立化学会刊行 Energy & Environmental Science誌に掲載

研究成果

英国王立化学会刊行 Energy & Environmental Science誌に掲載

 応用化学専攻の大村直人教授とオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の Steven Wang博士、Guy Metcalfe博士、Jie Wu博士らは、撹拌槽の混合場に現れる固体粒子の集積現象を応用した新しい固液分離法を提案し、この分離法がバイオマスなどの分離に有効であることを明らかにしました。この共同研究成果を纏めた論文が、 このほど英国王立化学会刊行のEnergy & Environmental Science誌に掲載され、 Showcasing researchとして論文中の図がInside back coverに採用されました。
 共同研究者のJie Wu博士は、本学自然科学先端融合研究環の「次世代エコプロダク ション創生研究」重点研究チームの客員教授を務めており、この研究も重点研究チー ムの共同研究の一環として進められています。 

関連リンク

Energy & Environmental Science誌掲載論文概要

Inside back cover

研究成果

TOP