広報資料

ホーム > 研究者・一般の方へ > 公開講座 > 第25回神戸大学大学院工学研究科公開講座・ひょうご講座 神戸大学大学院工学研究科・工学部

研究者・一般の方へ

第25回神戸大学大学院工学研究科公開講座・ひょうご講座 神戸大学大学院工学研究科・工学部

快適で安心な社会のための最先端技術

平成19年6月9日(土)から7月7日(土) (毎週土曜日)

1. 講座のテーマ

快適で安心な社会のための最先端技術

2. 講座の概要

本年度の工学研究科公開講座は、「地球環境時代の工学技術」をテーマとして開講いたします。

本年度の工学研究科公開講座は「快適で安心な社会のための最先端技術」というテーマで平成19年6月9日から7月7日までの5日間 、計10回にわたり開催いたします。
工学は、社会発展の基盤として、人々の生活に対して経済的・物質的な豊かさをもたらしてきました。技術の進展により、人類は、高機能で高品質な製品を大量に手にすることができるようになりました。一方で 、近年、「より早く」、「より大量に」、「より安価に」といったこれら従来型の価値観にとどまらず、快適性や安心など、人や環境へのやさしさを重視した新しい付加価値が求められるようになっています。これに伴い 、工学や技術が社会に対して果たす役割は、従来にも増して重要性を帯びるとともに、その守備範囲は格段に広がっています。
そこで、本年度の公開講座では工学研究科の建築学専攻、市民工学専攻、電気電子工学専攻、機械工学専攻、応用化学専攻、情報知能学専攻の6つの専攻からの10名の講師の方に 、快適・安心に関わる最先端技術について、それぞれの分野でのバラエティに富んだ話題をわかりやすく解説してもらいます。介護や救助のためのロボット 、再生医療のための材料技術、地球にやさしいエネルギーのための光触媒、快適で安心な交通社会への取り組み、情報技術がもたらす快適と安心など 、生活に密着した具体的な題材を取り上げて、人々の暮らしに快適さや安心感をもたらす工学や技術の最前線について紹介いたします。暮らしやすい社会を実現する上で 、最先端技術がどのように役立っているか、そして、今後、どのように役立てていくべきかについて、この公開講座を通して考える機会にしていただければと思います。

講義日程・題目及び講師はこちらをクリックください。
神戸大学の公開講座のページもご覧下さい。

3. 開講期間

平成19年6月9日(土)から平成19年7月7日(土)までの各土曜日

4. 会場

神戸大学工学部 C3-302教室

5. 受講対象者

一般社会人・ 学生

6. 募集人員

100人

7. 講習料

7,200円 ただし学生・生徒は無料(社会人学生を除く)
(※一旦支払われた講習料はお返しできません。)

8. 修了証書

講義を6回以上受講された方には、修了証書を授与します。

9. 受講申込方法

(1) 受付期間
平成19年5月7日(月)から平成19年6月6日(水)まで

(2) 申し込み方法
下記問い合わせ先へご連絡いただければ、募集要項を送付いたします。募集要項別添の受講申込書に必要事項を記入し,下のあて先にお送りください。 
学生・生徒に限り,メールでの申込も可能です。その場合は,お名前・性別・年齢・学校名・学年・ご住所・電話番号を総務係 (eng-soumu@office.kobe-u.ac.jp)までご連絡ください。

(3)講習料の払込み
募集要項別添の「払込取扱票」により講習料を払込み、受け取られた「振替払込受付証明書」を、受講申込書の所定の欄に貼り付けて送付してください。学生・生徒の方は,払込みの必要はありません。公開講座当日に学生証もしくは生徒手帳を受付にてご提示ください。 

10. 問い合せ先

◎公開講座の内容、申込状況等について
神戸大学工学部総務係
電 話 078-803-6333   FAX 078-803-6396

11. 公開講座会場等への交通案内図

こちらをご覧下さい。

【公開講座会場】

神戸大学工学部 C3-302教室

【交通機関】

〇阪神御影、JR六甲道、または阪急六甲から
市バス16系統(六甲ケーブル下行)に
乗車し、神大国際文化学部前で下車

* 受講のため本学にお越しの際は、できるだけ公共交通機関をご利用ください。
(どうしてもお車での来学をご希望の方は,事前にお問い合わせください。ただし、駐車スペースには限りがあり、ご希望に添えない場合があります。あらかじめご了承ください。)

研究者・一般の方へ

TOP