広報資料

ホーム > 工学研究科 > ITスペシャリスト育成推進プログラム

工学研究科

ITスペシャリスト育成推進プログラム

IT-Spiralホームページ

融合連携専攻によるソフトウェア技術者育成

ソフトウェアシステムの大型化、複雑化、高度化が進展する一方で、その開発期間の短縮が要求されており、開発現場では、高度な技術力を有し、長期間にわたり活躍できるソフトウェア技術者が、強く求められています。

本コースは 文部科学省による「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」の一環として設置されるもので、情報知能学専攻の希望する学生を対象に世界最高水準のソフトウェア技術者の育成 することを目的としています。

プログラムの特徴

関西圏の9大学情報系研究科と民間ソフトウェア企業4社が融合連携することにより、高度な技術力を持つソフトウェア技術者の養成に必要な領域を網羅した広範かつ実践的な教育カリキュラムを設定しています。

すなわち、情報知能学専攻における専門教育に加え、ソフトウェア分野で教育・習得すべき内容をより豊富かつ体系的・実践的に教育課程に取り込むことで、情報通信技術、特にソフトウェアに関する高度な技術力、応用力を備えた技術者、研究者の育成を目指しています。

このプログラムにおいては、ソフトウェア工学において必要な知識領域の全てを網羅し、これを活用して中長期的に活躍できる技術者の養成のため、基礎力、適応力、実践力の向上を狙いとする

(A)基礎ソフトウェア工学科目群
(B)先端ソフトウェア工学科目群
(C)実践ソフトウェア工学科目群

の3種類の科目群を設定しています。

※採択されたプログラム「高度なソフトウェア技術者育成と実プロジェクト教材開発を実現する融合連携専攻の形成」に関する詳細は、プログラムホームページに掲載されています。

工学研究科

TOP